風猫悠々

〜俳優田中実さんファンのつれづれ記〜
みをつくし料理帖
may
 高田郁さんの「みをつくし料理帖」という時代小説をご存知でしょうか?
版を重ねているのでもうお読みになっている方も多いかと思いますが、
私が今1つだけ次が出るのを楽しみにしている時代小説のシリーズです。

 幼い頃に両親を亡くしながら、料理の才能を信じけなげに生きていく女性を
主人公にした人情味溢れる物語です。
料理もとてもおいしそうなのですが、毎日を誠実に生きていく回りの人たちが
皆善良で、とても気持ちがいい。

 その中に父親が御典医だという若い町医者の「永田源斉」という人物が出て
きます。
「源斉先生のような医者を名医と呼ばずして、誰が名医だというのだ」
「そこまで親身に患者の身になって考えられるってのが凄い」
などと言われる穏やかで本当に誠実な腕のいい医者なのですが、
上背もあり、どうもなかなかにいい男でもあるらしいのです。
 さらには「整った白い歯」を見せて笑う人らしく、「にこにこ」とよく笑い、
その笑顔に主人公たちが救われたりしています。

 そして、主人公が人生に惑うとき、
必ずと言っていいほど、源斉先生が彼女の手に大切な言葉を乗せます。
それも「静かな深い声」で。
声の人でもあるらしいのです。
 それどころか、本当に悩む彼女の傍らに
「黙って引き返し」
「問いかけも慰めもないことが、澪には何よりありがたかった」
と書かれるような、ほんとうの優しさを知っている人物なのです。

 さらには「真っ直ぐに褒められたことが(澪は)うれしくて」とあるように
真っ直ぐに他人を褒めることができる人。

 私は1巻目を読んだ時からこの源斉先生が田中実さんにしか思えなくなって
しまいました。
多分私はこの源斉先生のたたずまいがとてもとても好きなのだと思います。
それも手伝って「ああ田中実さんだ」と思ってからは、
私にとって源斉先生は少し若い時の田中実さんです。

 お腹がすけばおいしそうにもりもりご飯を食べ、
失恋しそうになると我を忘れておろおろする人。
男として人間としての心持ちやたたずまいがあまりにもまっとうで、
そのまっとうさが美しく、田中実さんが持っている人間としてのまっとうさと
源斉先生がどうしても重なってしまうのです。

 先日、これがドラマになりましたね。
好きな小説の映像化は難しいですね。
やっぱりイメージが違うと文句のひとつも出てしまいます。
できればNHKあたりで連続ドラマとして作ってくれればいいのにとも思って
しまいました。

 さて、ドラマの源斉先生です。
放映後「永田源斉、軽!」というような書き込みがありましたが、
源斎先生のまっとうさは若さゆえのまっとうさではないと私も思うのです。
原作の思慮深さは経験や思いによって培われた苦さや辛い思いの上にあるもの、
穏やかな源斉先生が抱えている苦しみは、
常に私を助けて、母を助けて、父を助けて、こどもを助けて、妻を夫を…
とすがられ、でもその望みを全てかなえられるわけではないこと、
医者であれば多かれ少なかれ感じることかと思いますが、
源斉先生はその痛みを自分の痛みとして感じることができる、
だから源斉先生の半分は悲しみでできている、
そんな風に感じていて、だから田中実さんです。

 今回演じられた平岡祐太さんは28歳ぐらいでしょうか?
もし田中実さんがその歳で演じたら、やっぱり若さゆえのまっとうさだったに
違いないと思っていますが(笑)
|2012.10.13 Saturday | ドラマのこと | - |
大好きな人のこと
may
 昨年の春はたくさんの方々が大きな悲しみに遭遇されたことと思います。
そんな春の終わりに田中実さんご自身の決断という大きな悲しみに遭遇するとは誰が想像できたでしょう。
あの春は私も辛いことが続き、悲しみを胸にずっと抱いていました。
悲しみの最後にこんなたとえようもない悲しみに襲われるとは思ってもいませんでした。

 自分の心の行き場をなくして途方に暮れていたところ、このブログの管理者であるかおるさんのお作りになった
田中実さん出演作品のリストと出会いました。
救われた気持ちになった私はかおるさんにメールを送らせていただき、
それからは迷惑も顧みず、田中実さんの様々なことを話させていただいて今日にいたっています。

 私は仕事柄たくさんの役者さんに接する機会に恵まれていました。
根っからの役者さん、ほんとうに個性的な人、男の色気のある人、それぞれに皆魅力的なのですが、年を重ねても少しも変わることのない田中実さんの誠実さや穏やかな優しさはずっと特別なもののように感じていました。

 そんな風に見続けているうちに私の中で田中実さんが一番好きな役者さんになっていました。

 私は今も田中実さんに対して
「今までも大好きだし、これからもずっと大好き」
素直にそんな気持ちでいます。

 私が田中実さんに最初に出会ったのは「凛凛と」でした。
「日本にまだこんないい子がいたんだね!」
と名言を吐いたのは姉ですが、我家の女性陣はかしましく
「こんな弟が欲しい!」
「こんな息子が欲しい!」と言い合っていて(笑)。
 「凛凛と」の田中実さんは清々しく、まっすぐで、純粋で、ほんとうに見ている私たちを幸福にしてくれるたたずまいだったのです。
「こんな恋人が…」
と言い合わなかったのは、田中実さんが初々しく、少年のようだったからかもしれませんね。
最近も
「今まで観た(朝のテレビ小説の)中で3本の指に入るよね」
「リアルとファンタジーのバランスがすごくよかった」
などという話になりました。
田中実さんをはじめ男の子3人がそれは気持ちよいぐらいに明るくまっすぐにひとつ屋根の下に暮らしながらがんばっていた記憶があります。
もう一度ぜひぜひ、ぜひぜひ観たいです!

これからも時々参加させていただきます。
よろしくお願いいたします。

 
|2012.10.08 Monday | つれづれに | - |
初めまして。
皆様、初めまして。「俳優田中実さん出演作リスト&関連リンク集」管理人のかおると申します。

先日、田中実さんのファンの方から「田中実さんのリストを見て、大変嬉しかった」というメールを頂きました。その方とメールのやりとりをするうちに、私は思ったのです。田中実さんへの想いを語った「言葉」を、一言でも多く、ネットの中に残しておきたいと‥‥

田中実さんリストのプロファイルで書いたように、私自身は実さんのファンとしてはあまりに日が浅く、実さんの作品もそれほど沢山見られているわけではありません。でも、ずっとずっと前から実さんを大好きだった方が沢山おられることは、実さんのブログを拝見して知っています。

そんな方々の中で、「実さんについて書きたいけど、適当な場が無い」という方の声が集められたら、と思います。自由に書き込んで頂くには掲示板の方がいいのですが、できれば検索にひっかかりやすい方が良いと思ってブログシステムを使いました。そのため最初の記事は、頂いてこちらでアップするか、沢山あるならIDを差し上げる形になります。もし田中実さんについて、作品についてでもお人柄についてでも、ある程度まとまった形で書きたいと思われる方がおられたら、こちらから管理人にメールを頂けたらと思います。
|2012.10.01 Monday | つれづれに | comments(0) |
| 1/1PAGES |
CATEGORIES
LATEST ENTRIES
| 1/1PAGES |
PROFILE
LINKS
OTHERS